HOME

プラスチック部品の試作~量産までを1プラットフォームで!

    どれだけ大量に生産する製品も、最初は1個の試作からはじまります。
    数度の単品試作から、量産試作、そして初期量産から本生産へと1つの製品が世に出ていくまでには、数えきれない試行錯誤が繰り返されていることでしょう。
 
    私たちは、試作から量産までのプロセスと、その後の量産を、保有するプラスチック加工技術で最適な製作方法を提案させていただく会社です。

保有加工技術一覧

  • プラスチック 真空成形
  • プラスチック 圧空成形
  • プラスチック プレス成形
  • プラスチック 切削加工
  • プラスチック 旋盤加工
  • プラスチック プレート加工
    単品でのご注文から量産のご依頼まで
    部品への要求性能や、生涯製作台数または月間数量など、諸々の条件に見合う製作方法を提案いたします。

トピックス

  • 透明ポリカーボネートのヘッドライトカバー、窓が新幹線に採用されました。15ミリ厚のポリカーボネート板をプレス成形で曲げて、製作させていただいています。
  • プラスチック真空成形・圧空成形・プレス成形は、プラスチックシートを加熱、軟化させて様々な形状に成形をする技術です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

製品

旋盤加工品

切削加工品

プレート加工品

PETのR曲げ加工

DSC_7702

加工方法:プレート加工

素材:PET 特注色ブルー 板厚み5mm

Rの大きさ:30R